カテゴリ:Amalfi( 6 )

Il Mare di Dicembre

e0137180_0572020.jpg

foto: Dec 15 2007 Amalfi, Italia

陽が沈む前、海の色が深い青に変化していた。
暗くなると危なくなるのは分かっていたけれど、
ちょっとだけ何も考えずただ眺めていたような気がする。




追記

最近は歌うこと以外に指揮もしています。
来月あるところで指揮をしなければならないので、
いろんな指揮者の映像を見て研究をしているところ。

一番好きな指揮者はクライバーかムーティ。
どちらか一人選べといわれても、それは無理。

スコアを読み込むことも、書かれている音楽を理解することも
大事なんだけれど、その理解したことを身体を使って
どうやって演奏者に伝えるかは最も大事なことじゃないかなと思う。

いかに演奏者にとって演奏しやすい存在であるか、に尽きる。
なんて偉そうなこと言ってるけど、まだまだまだです。

それにしても現代作品を指揮するのはほんまに難儀やわ~。







10年前より世の中確実に暑いです。
10年後はさらに暑くなっているのでしょうか?
[PR]
by hiro_bl | 2010-07-30 01:22 | Amalfi

Balzo

e0137180_161590.jpg

foto: Dec 15 2007 Amalfi, Italia

帰り道の暗さと、崖のそばを通る恐怖も格別でした。

行くときは胸弾ませてたから崖を見てもそれほど怖くなかった。
恐怖よりも期待の方が大きかったわけで。

帰るときは疲れと薄暗さで結構大変。

それに、歩けば歩くほど真っ暗になってきて。
最後の方は真っ暗闇の中、携帯の液晶の明かりを
照らして歩いていました。

今考えると街灯もない中よく帰ることが出来たと思います。




追記

先日、ある人から「トトロに出てくるお父さんに似ていますね」と言われ。

ちょっとテレビを見てみると微妙に似ているのかなと思った。

う~ん、微妙に嬉しくないような気もする…。

(てか、髪を黄色にしたらムスカでしょ)








美味しい珈琲をいれるおまじないは「コピ・ルアック」。
[PR]
by hiro_bl | 2010-07-27 01:29 | Amalfi

Isola di Capri

e0137180_094325.jpg

foto: Dec 15 2007 Amalfi, Italia

カンパネッラ岬から眺めるカプリ島。

カプリ島といえば、あの青の洞窟で有名な島。
目と鼻の先にそんな美しい観光名所があるんだなと思ったけれど、
僕にはカンパネッラ岬から眺めるカプリ島で十分だった。




追記

辿り着いた時の感情の記憶を今日の今日まで忘れていました。
落ち着いて写真を見ていると、やっぱりいろんな記憶が甦ってきますね。

仕事もやっとひと段落し、ちょっと自分の時間が持てています。
本を読んで、写真を写して、カフェでくつろぎ、思い切り寝る。
やっぱりこういう時間がないとダメですね。





「ゲゲゲの女房」面白いです。TVも本も。
[PR]
by hiro_bl | 2010-07-22 00:24 | Amalfi

Alla Punta Campanella

e0137180_1361467.jpg

foto: Dec 15 2007 Amalfi, Italia

カンパネッラ岬から眺める夕陽を目指して歩きに歩いた。
僕の前を行くのはここに誘ってくれたイタリアの友人と日本人の彼女さん。

車を停めて、カンパネッラ岬までどれくらい歩いたのか覚えていないけれど、
二人がとても仲良く気遣いあって歩いていたことはよく覚えている。

日本人の男女ならこうはいかないだろうなと思った。
やっぱりイタリア男性の愛情表現にはかないません。

行く先に見えるカプリ島を時折眺めながら、
そんなことに終始感心していたような気がする。




追記

9月の初めにひさしぶりに東京で歌うことになりました。
指揮者の友人がひさしぶりに誘ってくれたのです。
先日、楽譜とチラシまで送ってきてくれて。
青い表紙の楽譜を見て身が引き締まる思いです。はい。
名前が載ってるのを見て身が引き締まる思いです。はい。






あっという間に梅雨も明け、真夏の日差しが照りつける夏がやってきた。
夏ってこんなにも暑いものでしたっけ。
[PR]
by hiro_bl | 2010-07-21 01:57 | Amalfi

Amalfi #3

e0137180_2232884.jpg

foto: Dec 15 2007 Amalfi, Italia

遠い遠い記憶を辿ってみてもこの写真を写した記憶がない。
写してきた写真の中にはそんな写真があることもある。
珍しいことじゃないんだけど。

正直な話、今は現実が目の前に立ちはだかりすぎて
イタリアの思い出を以前のようにゆったりと思い出すことが出来ない。

更新が滞っているのは仕事が忙しいからなんだけど。
(そんな理由は言いたくないが…)

ちょっと自分自身が仕事の犠牲になりすぎているような気もする。

まぁ、仕事ってそんなものなんだけど。



追記

仕事や環境で人間ってのは変わるものですが、
自分の信念だけは大切にしたいものです。
でないと、自分が自分でなくなってしまうので。

ブログを更新するとき、本当の自分がパソコンの前にいるようです。


そろそろ地元に帰ろうかな。






オランダがんばれ!
[PR]
by hiro_bl | 2010-07-11 02:37 | Amalfi

Amalfi #2

e0137180_120581.jpg

foto: Dec 15 2007 Amalfi, Italia

この写真はアマルフィの街から海を眺めていた時に写したもの。

マルサーラの街から眺めた海もそうであったように、
アマルフィから眺める海も日本の12月の海の眺めとはまったく違う。

気温は日本と変わらない寒さなのだが、
日差しが厳しいので写真だけ見ていると真夏の写真に見える。

緯度の関係か、湿度の関係なのかよくわからないけど。




追記

月に一度の更新にしたわけではないんだけれど、
ここのところ月に一度の更新になってしまっている。
う~ん、もう少し更新したいところだが、
毎日仕事でくたくたなので頭の切り替えというか、
写真をみてコメントする余裕がないのかも。


毎日、雨が続いているわけで、当然のことながら湿度が高い。
湿度が高いとなんとなく肌の調子が悪くなるような。
洗濯物もなかなか乾きにくいし。
やっぱり除湿機を買おうかどうしようか悩んでいるこの頃。




岡田監督すみませんでした。
[PR]
by hiro_bl | 2010-06-27 01:32 | Amalfi