カテゴリ:Cava de' Tirreni ( 8 )

Cava de' Tirreni #8

e0137180_21452880.jpg

foto: Dec 16 2007 Cava de' Tirreni, Italia

この街の午後は少し不思議だった。
ランチの後、街には散歩する人々が大勢いたからだ。

休日でどこのお店もほぼ閉まっている。
にもかかわらず、人々はただ午後の散歩を静かに楽しむ。

イタリア人にとって食事と散歩はワンセットなのだ。
それから、散歩での楽しいおしゃべりも。


追記

1月は年明けに神戸で演奏会に参加。
今までにないレパートリーを披露。
先日はインフルエンザにかかり高熱で苦しむ。
今までにないしんどさに驚いた…。
健康で演奏できるって素晴らしいことですね。
[PR]
by hiro_bl | 2011-02-06 21:56 | Cava de' Tirreni

Cava de' Tirreni #7

e0137180_2353182.jpg

foto: Dec 16 2007 Cava de' Tirreni, Italia

新年あけましておめでとうございます。

もう明けてしまったのか、という感じです。はい。
年末更新するつもりでしたが、バタバタしておりました。

なんだかんだイタリアから帰国して3年。
そろそろ?いいかげんこのブログも今年で終了させます。



さて、昨日テレビで初めて映画「アマルフィ」を見ました。

ストーリーはどうでもいい感じですし、
映画のタイトルがなぜアマルフィなのかさっぱりわかりませんが、
とにかくイタリアの映像は美しかった。

映像を見ていたり、懐かしいパトカーのサイレンを聴いたり、
イタリアの青い海の色、空の色を見ていると、
色々なことを思い出しました。

そろそろイタリアを訪ねてみる時期が
近づいているのかもしれません。
(根拠のない直感ですが…)

その時、自分が何を感じるのか、どんな写真を写すのか、
考えるだけでわくわくしてきます。




追記

恐ろしくイタリア語のヒアリング力がなくなっていたのでびっくり。
悲しくなる前に勉強しなおそうと思います。

実家から戻ると街が雪に埋もれていたので驚きました。
当然のことながら駐車場の車も埋まっていたので初雪かき。
雪かきが重労働であることを初めて知ったのでした。
[PR]
by hiro_bl | 2011-01-04 23:32 | Cava de' Tirreni

Cava de' Tirreni #6

e0137180_234298.jpg

foto: Dec 16 2007 Cava de' Tirreni, Italia

イタリアから日本に帰ってきて、もう3年になるけれど、
帰国してからオペラを観に行った記憶がない。

来年、ボローニャ歌劇場の公演が日本で行われるが、
チケットが2~5万円という高値。

ボローニャで暮らしている頃は千円くらいで
オペラが観に行けたから、とても観に行く気にはなれない。

でも、ボローニャ歌劇場だから少々高くついても
観に行こうかなとちょっと思案している。

それにしても、日本はオペラが高い。




追記

ここのところ出張続きで大阪、博多、佐賀に行ってきました。
大阪はどこにも行く暇がなかったけれど、
博多はラーメンを食べに行ったり、
知人と会って話をしたりと楽しい出張でした。


なんだかんだ「龍馬伝」を一年間見続けましたが、
最終回は録画したまままだ見ていません。

幼いころから龍馬がヒーローなので、
龍馬が暗殺されるシーンを見るのはとてもつらいな。
なんて思っていたら、暗殺シーンでニュースの
速報テロップが流れて大ブーイングだったとか。

よほどの速報でない限りタイミングを考えるか、
もしくはデジタル時代なのだから、
視聴者がテロップ表示、非表示と選択できてもいいはずです。

そんなわけで、見るのは今度の再放送かな。




早いもので明日からもう師走です。
[PR]
by hiro_bl | 2010-11-30 00:15 | Cava de' Tirreni

Cava de' Tirreni #5

e0137180_23523438.jpg

foto: Dec 16 2007 Cava de' Tirreni, Italia

最近、以前読みかけにしていた村上春樹さんの
「遠い太鼓」という本を再び読み始めた。

僕がイタリアに滞在していたのはもう3年前の話で、
その記憶も遥か遠いものになってきている。

村上さんがイタリア、ギリシアの滞在記をなぜ「遠い太鼓」
というタイトルにしたのか、1年半前はよくわからなかったけれど、
最近はなんとなくわかるような気がしている。



追記

早いもので10月も終了。
なんだかんだ休みの日も働く日が多くて、なんだかんだ忙しい。
最近読んだ本に、忙しい時に忙しいと言ってはいけない、
なんてことが書いてあった。

うーん、ここのところ、ブログはゆっくり更新できないし、
カメラ片手にのんびり秋の風景も写しに行けないし、
休みがあると身体を休めることばかり考えている。

忙しい時に、忙しいと言わない、なんてなかなか難しいものですね。
[PR]
by hiro_bl | 2010-10-31 23:53 | Cava de' Tirreni

Cava de' Tirreni #4

e0137180_028197.jpg

foto: Dec 16 2007 Cava de' Tirreni, Italia

人の後ろ姿って不思議です。

その人がなにかを語ろうとしている訳でもないのに、
自然とその内面を背中で語っているように感じられるから。

以前、ボローニャの語学学校でイタリア人の先生と
そのことについて話しあったような気がする。




追記

なんだかんだ忙しかったです。

2週間前の休みは指導している合唱団の本番で指揮をし、
1週間前の休みは東京に日帰りでオケと合唱団との合わせを行い、
こないだの休みはその本番でモーツァルトの戴冠式ミサを歌いました。

それにしてもひさしぶりのソリストは緊張しました。
なんてったってモーツァルトの戴冠式ミサは前々から
歌ってみたい曲の一つだったし、会場のホール
以前から歌ってみたいホールだったので、
もうなんだか大変でした。

演奏会は客席も満席で無事に終了し、なんとか一安心。
わざわざ遠くから呼んでくれていたので、妙なプレッシャーを
感じていたけれど、責任は果たせたと思います。
ひさびさにタキシードを着て歌うのは身が引き締まったし、
目の前のオケと、後ろにいる合唱団の間で歌う心地よい時間は
なんともいえない瞬間でした。

僕の中で動きを止めていた何かが再び動き出したような気がします。






それにしてもソプラノソロうまかったなぁ~。
[PR]
by hiro_bl | 2010-09-08 00:54 | Cava de' Tirreni

Cava de' Tirreni #3

e0137180_149457.jpg

foto: Dec 16 2007 Cava de' Tirreni, Italia

写真を眺めれば眺めるほど、この女性の年齢がわからない。

とにかく赤が好きということだけはわかるのだが…。




追記

お盆は実家でのんびり過ごしました。
程よく夜更かしをして、程よく昼寝。
行きつけのカフェは相変わらずの心地よさ。

美味しいご飯を食べすぎて2キロも太ってしまった。








帰宅してからのプチ昼寝。たまりませんね。
[PR]
by hiro_bl | 2010-08-18 02:04 | Cava de' Tirreni

Cava de' Tirreni #2

e0137180_271330.jpg

foto: Dec 16 2007 Cava de' Tirreni Italia

なんだかみなさん派手な装いですね。
なんて思うけれど、イタリアじゃごくごく普通のファッションかな。

イタリアにいた頃、知人が「イタリアの子供服は絶対にかわいいと思う!」
といっていたのが懐かしい。

今思い返してみても、街のいたる所に子供服屋さんがあった。
日本じゃ子供服なんて常に大人服に準ずる扱いだけど、
イタリアじゃ子供服屋さんがごろごろある。
しかもデザインは本当に素敵なものばかりで。

そういえば、いつも日本に帰るときは姪っ子に
かわいい洋服をなけなしのお金で買って帰るのも
楽しみのひとつだったな。




追記

それにしても、世の中が不景気になればなるほど、
一番かわいそうなのは子供だと思う。
なんの罪もないのに不景気の影響を一番に受けるのだから。





次のサッカー日本代表の監督って、結局誰になるのでしょう?
[PR]
by hiro_bl | 2010-08-09 02:22 | Cava de' Tirreni

Cava de' Tirreni #1

e0137180_1615456.jpg

foto: Dec 16 2007 Cava de' Tirreni Italia

ここはイタリアの友人が住む、カーヴァ・デ・ティレーニというという街。
wikiで調べてみると人口は5万人ちょっとらしい。


カプリ島の写真を撮り終えて、暗く険しい道を歩いた後、
アマルフィからカーヴァに向かった。

日本ではとても味わうことのできない極上のピザを食べ、
寒い夜のカーヴァの街を身震いしながら歩いたのをよく覚えている。

ホテルに到着した後、フロントで手続きを済ませ、
部屋の鍵を開けようとしても全然開かないから
フロントのおじさんに開けてもらったことも懐かしい。

とても寒かったから熱湯のシャワーでも浴びようかと蛇口をひねる。
シャワーから出てくるのは水に近い温度のぬるま湯。
どれだけ待っても出てくるのは水に近い温度のぬるま湯。
仕方がないから震えながらシャワーを浴びたのもまた懐かしい。

イタリアで、ホテルの鍵とか、シャワーのお湯とかのトラブルは
本当に日常茶飯事だと思う。




追記

昔々付き合っていた人とドイツ、オーストリアを旅したことがある。

それが僕にとって初めての海外旅行だったから、
いろんなことが夏になると思い出としてよみがえってくる。

初めて訪ねた街は、彼女が暮らしていた街、マンハイム。

フランクフルトの空港まで迎えに来てくれたのはいいんだけど、
到着する僕の姿を見るや否や「写るんです」で
アホみたいに僕の写真を写しまくられたのには閉口した。

結局、あのときの写真もらってないなぁ。

まぁ、いいけど。






ポリーニのペトルーシュカおかしいほどすごいですね。
[PR]
by hiro_bl | 2010-08-07 23:58 | Cava de' Tirreni