カテゴリ:Cannes( 12 )

Cannes

e0137180_20115274.jpg

foto: Jun 02 2007

カンヌの街では俳優さんたちの横断幕が
通りのところどころにかけられていました。

これはトム・ハンクスのもの。
写真が妙にユーモラスでおもしろい。

俳優さんによって写真の表情がユーモラスな人もいれば、
とてもシリアスに写っている人もいました。
俳優さんによって表情を決めているのでしょう。

それにしても、素敵なカンヌの街並みは忘れることができません。
映画祭のあとだから余計にそう見えたのかもしれませんけど。

今度コート・ダジュールを訪れる機会があれば、
必ずこの街を拠点に観光してみたいです。

限りなく青に近い海を眺めながら、
大切な人と時を忘れて語り合う。

将来実現させたい小さな夢です。
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-10 20:38 | Cannes

Gens de Cannes #6

e0137180_22254149.jpg

foto: Jun 02 2006

少年にとって、背番号は特別なものです。
あこがれのスポーツ選手と同じ背番号。
そんな服に袖を通すだけで、
自分があこがれの選手になりきっていたような気がする。




追記

七夕の夜、親友が超有名デザイナーさんの
本の出版記念パーティーに誘い出してくれました。

友人はいろいろな方々を紹介してくれましたが、
場違いの僕はセレブな方々を目の前に緊張の連続。

結局その日は3次会までつきあって、
家に帰ったのは真夜中の3時過ぎ。

出費も高くついたし、気を張り詰めて疲れたけれど、
普段会えない人たちと話ができたのは
いろいろな面で勉強になりました。
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-09 22:50 | Cannes

Gens de Cannes #5

e0137180_17482146.jpg

foto: Jun 02 2007

カンヌ国際映画祭のメイン会場前。

観光客の人々はレッドカーペットが
敷かれてあった階段で思い思いに記念撮影。

左の女の子は女優さんになりきっています。
その姿を一所懸命カメラで写すお母さん。

なんだかおもしろいな、と思ったそのとき事件はおきました。

右に写っている若い子たちと目が合った瞬間、
彼らが僕の周りを取り囲んで興奮気味に話しかけくる。

若い子達の人数は5人、7人と増えていきます。

あまりに瞬間的なことだったので最初は
物取りかと思いましたが、よく見てみるとそんなそぶりもありません。

話しかけてくる言葉がフランス語だったので、
「僕はフランス語わからないよ、英語話せる?」
と訪ねてみると英語で話しかけてきました。

「あなたは日本の有名な俳優だ!サインください!」

おいおい、そんなわけないよ。
僕は有名な俳優じゃないからサインなんてかけないよ。
と説明しても彼らは諦めてくれません。

「No~、あなた知ってるよ、だからサインちょうだい!」

彼らの願いは叫びに近くなってきましたが、
僕はスターでもなんでもないんだからサインなんてかけない。

何とかその場を逃げるように立ち去りましたが、
彼らの残念そうな表情を思い出すと、
なんだか申し訳ない気分になりました。

なんでもいいからサインして、
彼らのカンヌの小さな思い出に貢献しておけばよかった。

この写真を見るたびに、
彼らに取り囲まれた一部始終が思い出されます。
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-08 19:11 | Cannes

Mediterraneo #4

e0137180_2058917.jpg

foto: Jun 02 2004


Cielo e mar...


Non posso dimenticare questo bel cielo e mare.
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-06 21:51 | Cannes

Gens de Cannes #4

e0137180_23482020.jpg

foto: Jun 02 2007

カールトンホテルの前のベンチで、
黒いスーツ姿の女性を見かけました。

ホテルではちょうど「007カジノロワイヤル」の
プレス用試写会のようなものが行なわれていたので、
ひょっとしたら関係者の方だったのかもしれません。





追記

もうすぐ七夕ですね。
短冊に願い事は書きましたか?
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-06 00:20 | Cannes

Gens de Cannes #3

e0137180_1211796.jpg

foto: Jun 02 2007


Dove andiamo questa sera?
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-05 01:22 | Cannes

Carlton

e0137180_23573426.jpg

foto: Jun 02 2007

映画祭に出席するスターたちが常宿としているカールトンホテル。
一番安いお部屋で1泊10万円前後。

とても僕のような者が立ち寄るところではありませんが、
旅の恥はかき捨てという言葉を思い出し、
意を決してホテルの中に入ってみました。

入った瞬間、入ってしまったことを後悔するほど
豪華で品のあるロビーに圧倒されました。

ジーンズにポロシャツという普段着がぼろ雑巾に
思えてしまうほど周りのお客様はセレブばかり。

ただで帰るわけには行かないと思い、
ラウンジで一杯1500円ほどの珈琲を頂きました。

小恥ずかしい思いで玄関を出たそのとき、
目の前に真っ赤なフェラーリが猛スピードで急停車。

中から見るからにお金持ちのおじさんが出てきて、
ベルボーイにキーを預けて行きました。

成金ではない、本物のセレブたちとの遭遇は、
本物のお金持ちと成金の違いを教えてくれたのかもしれません。

旅先で恥はかいてみるものですね。




追記

今日は意外な人に会いました。
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-04 00:22 | Cannes

Gens de Cannes #2

e0137180_23265042.jpg

foto: Jun 02 2007

波を追いかけて、波から逃げる。
波打ち際の遊びはどこの国も同じようです。

この旅で一番好きな街はどこ?
と聞かれたら間違いなくカンヌと答えます。

カンヌの人たちが見せる穏やかな表情を
見ていると、こちらまで穏やかになっていましたから。

そんなカンヌの人々をカメラに納めてみました。





追記

涼しくなる頃に引っ越そうと思います。
近くに公園あって、昔からある商店街があって。
そんなのどかな街の方が自分には向いている。
都心は便利でよいのですが、心が休まりません。
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-03 00:08 | Cannes

Gens de Cannes #1

e0137180_23411820.jpg

foto: Jun 02 2007

ベンチでのんびり海を眺める人。

この写真を写した後、ベンチに座って
海を見ながらのんびりしてみました。

カンヌの海は瀬戸内海と違って対岸が見えません。
どこまでも続く海が目の前に横たわっているだけ。

果てしなく広がる青い海は、
疲れた心を知らぬ間に癒していました。




追記

海が見える街で育ったせいか、
時々海を見ないと調子が悪くなります。
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-02 00:08 | Cannes

La mer bleue

e0137180_23223678.jpg

foto: Jun 02 2007

コート・ダジュールの青く輝く海。

映画祭の賑わいがまだ覚めやらぬ街の雰囲気は
そのままビーチ、海の上まで続いている。

その賑わいと青く輝く海を見ていると、
5月の悲しみが嘘のように思えた。
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-01 00:03 | Cannes