<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Uomo

e0137180_05044.jpg

foto: jan 29 2007

さすがイタリア男。
電話で話す姿もかっこいいです。
[PR]
by hiro_bl | 2008-02-29 00:07 | Bologna

Palazzo della Archiginnasio

e0137180_0334840.jpg

foto: jan 23 2007

泣く子も黙る旧ボローニャ大学。

なぜって?

ここで世界初の人体解剖が行なわれたから。

写真は意味深な感じですけど、実際はもっとさっぱりしています。

大きな部屋の人体解剖室は残念ながら撮影禁止。
(撮影許可でも撮影したくないかも・・・)

観光名所の少ないボローニャですが、ここは一見の価値があります。



追記

友人から頂いた情報によると、
フラッシュを使わなければ撮影OKだそうです。
[PR]
by hiro_bl | 2008-02-28 00:42 | Bologna

Atmosfera calda

e0137180_2124881.jpg

foto: jan 24 2007

写真を撮っていると不思議な一日がある。
何かが降りてきたかのごとく、いい写真がたくさん撮れる日。

昨年の1月24日はいい写真がたくさん撮れたと思う。
もちろん、単なる自己満足だけど。

4年ぶりの海外、4年ぶりのイタリア、初めてのボローニャ。
見るものすべてが新鮮で、中世にタイムスリップしたような気分だった。

昨年の1月と2月に写した写真は、その時感じた感動がダイレクトに写っている。
今、同じような写真を写せといわれても難しいだろう。

あの頃の様な気持ちにはなれないと思うから。


写真は、サン・ジャコモ・マッジョーレ教会の、ある場所にて。
[PR]
by hiro_bl | 2008-02-26 02:15 | Bologna

Soave

e0137180_21395147.jpg

foto: jan 23 2007

素敵な彼と彼女はこの部屋に住んでいた。

大学時代、彼を彼女に紹介するのに一役買ったっけ。
そんな2人に再会したのは何年ぶりだろう。

あの時は会話という会話もぎこちなかったのに、
今ではすっかり仲のよい夫婦のよう。

そんなふたりを見ているとなんだか無性に泣けてきた。

懐かしさやら、安堵感やら、幸福感やら。
言葉に表しきれない感情をそのまま写真に収めてみた。

Soave(甘く、甘美に、心地よく)、そういう言葉が一番似合う時でした。


追記

その後、彼女は一足早く日本へ帰国。
彼はもう少しイタリアに滞在。
遠く離れていても、この2人に遠距離という言葉は関係なさそうです。
[PR]
by hiro_bl | 2008-02-23 21:40 | Bologna

Via Massimo D'Azeglio

e0137180_2282765.jpg

foto: jan 22 2007

サン・ペトローニオ大聖堂のわきにあるダゼーリオ通り。
年末年始にはかわいらしいアーチが飾り付けられます。
明るい雰囲気のこの通りはおしゃれなお店が立ち並び、
休日になると行き交う人々で賑わいます。
ボローニャでもお気に入りの通りのひとつ。


追記

こうやって一年前に撮影した写真にコメントをつけてゆくのも
なかなか面白いものですが、少し寂しいような気もします。
[PR]
by hiro_bl | 2008-02-22 22:15 | Bologna

Frutta!

e0137180_3315966.jpg

foto: Jan 24 2007

果物屋さんの店先にならべられた果物たち。
思わず立ちどまって1枚写してしまいました。
今、写真で見直しても美味しそうな果物です。

買っておけばよかったな。
[PR]
by hiro_bl | 2008-02-20 03:34 | Bologna

Mercoledi Pomeriggio

e0137180_1362665.jpg

foto: Jan 24 2007

水曜日の午後、散歩していたらふと飛び込んできた風景です。
イタリアの壁の色はなんてカラフルなんだろうと思いました。
青い空に、オレンジ、ピンク、イエロー、明るいブラウン。
1人で歩いていても、ちょっとうれしくなるような瞬間でした。
[PR]
by hiro_bl | 2008-02-19 01:36 | Bologna

Portico #1

e0137180_23331788.jpg

foto: Jan 24 2007

これはポルティコ(Portico)という屋根が付いている回廊。
ボローニャの街はどの歩道も法律でポルティコを作るように決められています。

雨が降ろうとも傘をさす必要はあまりないし、
夏に日差しが強くても心地よい日陰を作ってくれる、
冬は冷たい風や雪から人々を守ってくれます。

そんなポルティコがなければ、この街に住むことはなかったと思う。
ポルティコの下をのんびり散歩するのはなんとも心地がよいのです。

写真は数多いポルティコの中でも一番お気に入りのポルティコ。
左側に並んである箱のようなもの、実は本屋さんの出店。
その上にある看板をよく見てみるとLibreria(本屋)と書かれています。

わかりますか?
[PR]
by hiro_bl | 2008-02-17 23:33 | Bologna

Piazza Maggiore

e0137180_1544798.jpg

foto: jan 24 2007

ボローニャで一番好きな場所といえばマッジョーレ広場。

路地が多くて、建物の間から狭い空しか見えない街だけど、
この広場から眺める空は結構な開放感を味わうことができる。

ヴェネツィアのサン・マルコ広場や、ミラノのドゥオーモ前にある広場に
比べると派手さはないものの、心地よい穏やかな時間が流れています。

写真は昨年の2月に撮影したのであまり人が写っていませんが、
暖かくなるとオープンカフェで広場を眺めながらコーヒーを飲む人々や、
広場に座り込んで延々と話をし続けるボローニャっ子ばかり。

ここに来ると誰もが足をとめて、ふと空を見上げてしまうようです。



追記

Piazza Maggiore、直訳すると大きな広場。
なのに知り合いの方は五月(maggio)という言葉と勘違いして、
いつも「五月広場で待ち合わせよう!」と言っていたのが懐かしい。
[PR]
by hiro_bl | 2008-02-16 15:05 | Bologna

Bologna

e0137180_14442621.jpg

foto: Jan 22 2007

友人から「イタリア生活の思い出をブログにしてみたら」
なんてことを言われたので作ってみました。

昨年の12月に約1年のイタリア留学を終え帰国。
ある勉強のために留学したのだけど、
写真好きだから写真ばかり撮っていたような。

そんなわけで写真メインのブログになるのかな?

滞在した街はイタリア中部の街ボローニャ。
本当に色々な思い出が詰まっている素敵な街です。

最初の写真はボローニャの2つの斜塔。
左側にある中途半端な高さの塔は傾きすぎて
半分に切られたとか。

Due Torri(ドゥーエ・トーリ)と呼ばれ親しまれている
塔の下は待ち合わせの名所。
いつも塔の下で誰かが誰かを待っています。

いろんな人を待って、いろんな人が待っていてくれた思い出の場所です。
[PR]
by hiro_bl | 2008-02-15 14:29 | Bologna