<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

San Francesco

e0137180_1995584.jpg

foto: Nov 03 2007 Bologna, Italia

ボローニャには素敵な教会が数多く点在しています。
サン・フランチェスコ教会もお気に入りの教会のひとつ。

教会に一歩足を踏み入れた瞬間、世間の喧騒から解放され、
凛とした静けさのなかにも癒しを感じる雰囲気に包まれます。

信じられない高さの天井と、美しいステンドグラスから差し込む光が心地よく、
足音や人々の話し声が広い空間にやわらかくこだまします。

教会の椅子に静かに座っていると心がとても穏やかになり、
なぜ人々が昔から教会に集っていたのかわかるような気がしました。





追記

日本では神社仏閣などが再建される際、多くのところで昔ながらの木造建築ではなく、
モダンな建築が採用されているのは残念な限りです。
[PR]
by hiro_bl | 2009-02-26 00:05 | Bologna

Nessuno

e0137180_04433.jpg

foto: Nov 03 2007 Bologna, Italia

Non c'era...
[PR]
by hiro_bl | 2009-02-24 00:47 | Bologna

Portico #8

e0137180_10434213.jpg

foto: Nov 03 2007 Bologna, Italia

このブログ、昨年末に終わらせる予定だったのだけれど、
なんだかんだと忙しくて年を越すことになってしまった。

2007年に撮影したイタリアの写真を見直しながら一枚ずつコメントを書く。
昨年は、写真を見ればその時の状況や心境がすぐに思い出されたけれど、
2年も経つとさすがに生々しく思い出せなくなっている。

自分が写したはずの写真を見ていても、本当にこんなところにいたのかなと、
あったはずの現実が頭の中で非現実化されていっているような気がする。

それだけ日本の現実に溶け込んでしまっているということか。
イタリアの現実は悲しいかな昔の思い出になってきている。

写真に写るシルエットのように、自分もボローニャの風景のなかに存在していた。
まぎれもない事実を事実たらしめるのは自分の写真なんだけれど。
[PR]
by hiro_bl | 2009-02-21 11:35 | Bologna

Via Clavature

e0137180_12463883.jpg

foto: Oct 31 2007 Bologna, Italia

お気に入りの通りであるクラヴァトゥーレ通りを歩く。
この界隈はボローニャの中でも特に古い町並みだとか。



追記

この通りの先にはマッジョーレ広場
[PR]
by hiro_bl | 2009-02-19 02:27 | Bologna

Poste

e0137180_11173522.jpg

foto: Oct 31 2007 Bologna, Italia

イタリアのポストは日本のポストより赤が深い。
その赤い色はフェラーリの赤を思わせる。




追記

ポスト以外にも公衆電話とか、ベンチとか、電車の自動券売機とか、
日常の生活ツールをもっと撮影しておけばよかった。
最近、イタリアの写真を見返すたびに、
今さら後悔しても仕方のないことばかり考えてしまう。
[PR]
by hiro_bl | 2009-02-15 11:47 | Bologna

Passo #2

e0137180_549972.jpg

foto: Oct 31 2007 Bologna, Italia

自転車を押す彼と、ショーウィンドーが少し気になる彼女。
[PR]
by hiro_bl | 2009-02-13 01:44 | Bologna

Portico #7

e0137180_23141643.jpg

foto: Oct 31 2007 Bologna, Italia

Ugo Bassi のポルティコは天井が高い。
歩いていると気分も良くなる。

そういえば昔、天才を育てるには高い天井が必要、なんてCMがあったような。
天才は関係ないとして、天井が高いとちょっとした爽快さを味わえる。

地元に商店街があって結構立派なアーケードが建てられている。
まっすぐ延びる通りに、天井の高いアーケード。

昔からその近所で育ったから、そういう環境が好きなんだろう。
ボローニャが好きになって当然といえば当然なのかもしれない。





追記

イタリアの家々は天井が高い。
昔の建物になればなるほど天井が高い。
ボローニャの部屋も天井が高かったけれど、
それよりも高かったのはミラノにいたときの部屋。
185cmの僕が、テーブルの上に椅子を置き、
その上に立たないと天井が届かないほど。
天井の高いところが多いから、イタリアには天才が多いのかな。
[PR]
by hiro_bl | 2009-02-11 23:37 | Bologna

Galleria d'Arte 18

e0137180_925156.jpg

foto: Oct 31 2007 Bologna, Italia

いつものようにポルティコの下を散歩していると、
ある建物の通路の向こうに灯りが見える。

少し近づいてみるとステンドグラスの入口が見えた。
もう少し近づいてみるとGalleria d'Arte 18と書いてある。

こんなところにギャラリーがあるんだ、と思ったけれど、
なんとなく中には入らず写真を一枚撮っただけ。

なにが展示されていたのか、入ってみればよかった。
[PR]
by hiro_bl | 2009-02-08 10:15 | Bologna

Enoteca

e0137180_0103941.jpg

foto: Oct 31 2007 Bologna, Italia

当たり前の話だけど、イタリアではイタリアワインを安く買うことができる。
日本で買う3分の1くらいの値段で美味しいワインを楽しめる。

日本から来た留学生たちも、毎晩のようにワインを楽しんでいたけど、
まったくお酒が飲めない僕はちょっと損した気分になっていた。

それでも時々ワインを買っては、その香りと味わいに魅了されていた。
もちろん、二口飲めば酔いが回っていたので、残りはすべて料理酒になっていたけど。




追記

先日、知り合いのお医者さんに「お酒も飲まないし、タバコも吸いません」
といったら「すごく健康的なことです」といわれたから、少し得した気分になった。
でも、お酒が飲めないのは人生半分損しているような気がしてならない。
[PR]
by hiro_bl | 2009-02-05 01:01 | Bologna

Cielo nell'Acqua

e0137180_23472583.jpg

foto: Oct 31 2007 Bologna, Italia

雨が降った翌日は必ずこの大きな水たまりが現れた。
家を出てバス停に行かなければならないのに、この大きな水たまりが道を遮る。

人も車も、この水たまりには迷惑していたけれど、
水の中に映る青い空を見ていると、まぁいいか、と思えた。

日本だったらお役所に苦情を言えばなんとかなるだろう。
けれども、この水たまりは滞在しているあいだ雨が降ると必ず現れた。

みんな困るけど、誰も何も言わないし、なくならない。
そんなところに、イタリア人のおおらかさといい加減さを感じた。





追記

このイタリア人のおおらかさといい加減さに、イタリアで生活し始めた当初は戸惑った。
だけど、今の日本に生きていると、このおおらかさといい加減さを体験したことが
いろんなところで自分を救ってくれているような気がしてならない。
[PR]
by hiro_bl | 2009-02-03 00:29 | Bologna