タグ:caffe ( 14 ) タグの人気記事

Latte Macchiato

e0137180_231779.jpg

foto: Dec 05 2007 Bologna, Italia

カプチーノよりもラテ・マキアートの方が好きです。




追記

確か、2年前の今日イタリアに出発したと思います。
出発前に風邪気味になって、イタリアに着いてから
2週間ほど寝込んでいたような気がする。
どうも季節の変わり目は苦手です。昔から。





ちょっと雰囲気のよいカフェを発見しました。
[PR]
by hiro_bl | 2009-10-17 23:05 | Bologna

Silhouette

e0137180_1141166.jpg

foto: Dec 05 2007 Bologna, Italia

ひさしぶりにボローニャの写真です。

こうしてボローニャの写真をひさしぶりにアップすると、
本当に自分がボローニャに帰ってきたような気持ちになりますね。

やはり思い入れのある写真にはいろいろなことが記憶されています。




追記

最近の寒さに戸惑っています。さむ。
[PR]
by hiro_bl | 2009-10-15 01:25 | Bologna

Chiacchiera

e0137180_1611280.jpg

foto: Nov 25 2007 Bologna, Italia

バンコ(カウンター)を挟んでの楽しい会話はイタリアのバール文化ならではのもの。




追記

人様のブログにコメントを残すのが苦手なようです。
いろいろ考えすぎて何度削除したことか。
コメントを長いこと書かないでいると、
なんとなく縄跳びの中に入れずに外で立ち尽くしている子供のようで。
ひさしぶりにコメントを残すのもなかなか勇気がいりそうです。
コメントをくださる皆様本当にありがとうございます。
それから、リンクしてあるブログは欠かさず拝見しております。
[PR]
by hiro_bl | 2009-07-05 16:18 | Bologna

Il Jazz

e0137180_031523.jpg

foto: Nov 25 2007 Bologna, Italia

見知らぬ女の子が奏でるサックスの音色はスタン・ゲッツにとても似ていた。




追記

ひさしぶりに、本当にひさしぶりになんの予定もない土日です。
嬉しいのだけど、なれないバスケなんかしてしまって、
指を捻挫してしまって、2週間ほどピアノが弾けない・・・。
なれないことはするものじゃありませんね。
後悔と反省の土日です。
[PR]
by hiro_bl | 2009-07-05 00:37 | Bologna

Guitarist

e0137180_2375760.jpg

foto: Nov 25 2007 Bologna, Italia

さんざん歩いて、さんざん写真を写したあといつものカフェへ。

たどり着くとギターとサキソフォンによるジャズの演奏が行われていた。




追記

イタリアで2年も生活した経験を持つと、自然と日本とイタリアを比較してしまう。
日本で仕事していると実にこまごまとしたことが多すぎて、
なぜこんなにくだらないことでこまごまとしているのかと思う。
イタリアで仕事をするとその逆の発想になるのかな。
[PR]
by hiro_bl | 2009-06-30 23:12 | Bologna

Zanarini

e0137180_21374820.jpg

foto: Nov 25 2007 Bologna, Italia

ボローニャのお気に入りのカフェのひとつ、カフェ・ザナリーニ。

外から見るととても雰囲気のあるお店ですが、中に入ると意外とくつろげない。

なぜなら椅子席が数えるほどしかないから。

やっぱりイタリア人は立ってカフェをするのが好きなんですね。




追記

最近かかさず見ている番組というか、聴いている番組は、
日曜日のFMラジオ「あ、安部礼司」という番組。
なんとなくはまっています。

しかし、ラジオがネットで聴けないというのは不便ですね。
[PR]
by hiro_bl | 2009-06-01 22:09 | Bologna

Il Pianista

e0137180_23372632.jpg

foto: Nov 18 2007 Bologna, Italia

いつものカフェに行くと素敵な音楽が演奏されていた。




追記

GWは実家でのんびりすごしている。
友人に会ってたわいもない会話をし、いつものカフェに行く。
トーマスさんと近況を報告し合い、美味しい珈琲を頂く。
見慣れているはずの懐かしい街を延々と散歩し、
意味もない写真を何枚も写す。

やっぱりボローニャか高松だな。
はやくかえってこよう。
[PR]
by hiro_bl | 2009-05-05 23:49 | Bologna

Zucchero

e0137180_22141437.jpg

foto: Nov 18 2007 Bologna, Italia

ボローニャで暮らし始めたとき、以前イタリアで暮らしていた頃と
変わってしまったことがふたつありました。

ひとつは、公共の場での喫煙が全面的に禁止になったこと。
以前はレストランやバールで煙草を吸う方が
たくさんいましたが、今では誰ひとりいません。

もうひとつは、バールでよく見かけていた大きな砂糖入れがなくなったこと。
以前はバールのカウンターに大きな砂糖入れがあって、
そこでみんな好き勝手に砂糖をコーヒーに入れていましたが、
今では袋に小分けされた砂糖があるだけ。

これはよくわかりませんが、今イタリアでは袋詰めされた砂糖しか
使ってはならないことになっているようです。(もちろん家庭は別の話ですが)
衛生的な問題なのかもしれませんが、
なぜそんなところにイタリア人が気を使うのかよくわかりません。

とにかく法律がよくころころと変わる国だなと思います。




追記

気分はパバゲーノ。お酒は飲めないけれど。
[PR]
by hiro_bl | 2009-05-04 22:25 | Bologna

Master

e0137180_23103626.jpg

foto: Nov 18 2007 Bologna, Italia

いつものカフェに行くとマスターがいつもの笑顔で迎えてくれる。

陽気で明るい典型的なイタリア人ですが、奥さんには頭が上がらない感じ。

そういうところも典型的なイタリア男なのかな。




追記

早いものでもう五月。
[PR]
by hiro_bl | 2009-05-04 01:37 | Bologna

Alla Fine di Caffè

e0137180_22262534.jpg

foto: Nov 11 2007 Bologna, Italia

珈琲を飲み終える時って、砂時計の砂が全部落ちてしまう瞬間のようで、
楽しい時間も終わりですと誰かに告げられているようで少し切ない。

珈琲一杯に対する思いは並々ならぬものがあるので、
珈琲が美味しければ美味しいほど、飲み終えるのが惜しくなる。

幸いイタリアではほとんどのお店がエスプレッソマシンを使っていたので、
そんなに当たり外れなく美味い珈琲をいただくことができました。

美味しい上に珈琲の値段が安い。エスプレッソなら1ユーロもしないし、
カプチーノでも高くて2ユーロくらいだったと思います。

カフェやバールの種類も実に様々で、
その日の気分で行くカフェを選んでいました。




追記

日本でもバール文化が浸透してきていますが、カフェの入れ方が
少しというかかなり丁寧ですね。カプチーノに描く絵なんて
イタリアのカフェではほとんど見ることができません。
丁寧できれいなカプチーノはありがたいのですが、
だいたいどこのカフェに行ってもカプチーノって500円くらい。
イタリア価格で慣れていた僕には少し高く感じます。
年内にエスプレッソマシンでも購入しようかな。
[PR]
by hiro_bl | 2009-03-29 03:00 | Bologna