タグ:mare ( 16 ) タグの人気記事

Amalfi #3

e0137180_2232884.jpg

foto: Dec 15 2007 Amalfi, Italia

遠い遠い記憶を辿ってみてもこの写真を写した記憶がない。
写してきた写真の中にはそんな写真があることもある。
珍しいことじゃないんだけど。

正直な話、今は現実が目の前に立ちはだかりすぎて
イタリアの思い出を以前のようにゆったりと思い出すことが出来ない。

更新が滞っているのは仕事が忙しいからなんだけど。
(そんな理由は言いたくないが…)

ちょっと自分自身が仕事の犠牲になりすぎているような気もする。

まぁ、仕事ってそんなものなんだけど。



追記

仕事や環境で人間ってのは変わるものですが、
自分の信念だけは大切にしたいものです。
でないと、自分が自分でなくなってしまうので。

ブログを更新するとき、本当の自分がパソコンの前にいるようです。


そろそろ地元に帰ろうかな。






オランダがんばれ!
[PR]
by hiro_bl | 2010-07-11 02:37 | Amalfi

Amalfi #2

e0137180_120581.jpg

foto: Dec 15 2007 Amalfi, Italia

この写真はアマルフィの街から海を眺めていた時に写したもの。

マルサーラの街から眺めた海もそうであったように、
アマルフィから眺める海も日本の12月の海の眺めとはまったく違う。

気温は日本と変わらない寒さなのだが、
日差しが厳しいので写真だけ見ていると真夏の写真に見える。

緯度の関係か、湿度の関係なのかよくわからないけど。




追記

月に一度の更新にしたわけではないんだけれど、
ここのところ月に一度の更新になってしまっている。
う~ん、もう少し更新したいところだが、
毎日仕事でくたくたなので頭の切り替えというか、
写真をみてコメントする余裕がないのかも。


毎日、雨が続いているわけで、当然のことながら湿度が高い。
湿度が高いとなんとなく肌の調子が悪くなるような。
洗濯物もなかなか乾きにくいし。
やっぱり除湿機を買おうかどうしようか悩んでいるこの頃。




岡田監督すみませんでした。
[PR]
by hiro_bl | 2010-06-27 01:32 | Amalfi

Amalfi #1

e0137180_22412524.jpg

foto: Dec 15 2007 Amalfi, Italia

サレルノという街に到着して列車から降りると
写真仲間の友人がいきなり声をかけてきたから驚いた。

「hiroさんですか?」と。

しかも日本語で。

友人のにっこりとした笑顔は今でもよく覚えているし、
忘れることのできない出会いの瞬間だった。

考えるまでもなく、僕は彼を信用できる人だと思えたし、
向こうもなにか通じるものを感じたのだと思う。

彼の車には日本から来ていた彼女が待っていて、
時々イタリア語、時々日本語という変わったドライブをすることに。

「アマルフィ」という映画でもおなじみとなったアマルフィ海岸。
それはそれは光り輝く風景の連続だったのだけれども、
それはそれは曲がりくねったカーブが続く厳しい道の連続でもあった。

素敵な景色はたくさん眺めたけれど、車の行き来が激しくて
なかなか写真が写したいところで車が止められず、
結局この一枚ぐらいしかまともに写すことができなかった。

う~ん、頭の中には今でもはっきりとあの光り輝く景色たちの
記憶があるのだが、写っているのはその記憶にはないものばかりで…。

映画「アマルフィ」でも見てみようかな。




追記

ひっさしぶりの更新となりました。
パソコンがほぼふた月も入院して困った日々を過ごしていました。
あまりに久しぶりすぎてなんだか調子が…。


3年前にモナコを訪れたとき、一時間かけてモンテカルロ市街地コースを
歩いたけれど、F1ドライバーたちはそのコースを1分20秒ほどで駆け抜ける。
どんな早さなのかやっぱり生で見てみたかったと思う。

それから、テレビを見ながらF1マシンを見ていると、
車をミッションの走るのが面白い車に買い替えたくなってきた。
[PR]
by hiro_bl | 2010-05-16 23:07

Oh tu, Palermo

e0137180_2316475.jpg

foto: Dec 01 2007 Palermo, Italia

マルサーラを出発しようと思ったらバスがストで街から離れられない。
イタリアではよくある話だけど、仕方なくマルサーラでもう1日滞在することに。

少しだけ見飽きた街を当てもなくさまよいながら写真を写し、
ガリバルディで前の日食べたものと同じものを食べていたような気がする。

次の日、何事もなかったようにバスは動いていた。
おかげで日付は11月から12月に変わっているというのに。

「師走」という言葉とは無縁のような12月1日のシチリアの風景。




追記

マルサーラでピザを買って持ち帰ると、箱にはMade in Sicilyと書かれてあった。
街を歩いていると見知らぬおじさんに「あんたはシチリアの客人だ」といわれるし。
シチリアの人々はイタリア人というより、シチリア人という意識の方が強いらしい。
[PR]
by hiro_bl | 2009-07-29 23:33 | Palermo

Marsala #1

e0137180_2247342.jpg

foto: Nov 30 2007 Marsala, Italia

マルサラ酒で有名な街、シチリア島のマルサーラを訪ねました。

イタリアによくありがちなホテルに到着するとそのまま街を散策することに。

近くの海に行ってみると、もう明日が12月とは思えない風景に遭遇しました。

空気も冷たいし、寒いのだけど、見える景色は夏そのもの。

その時、海を眺めながら何を考えていたのか。

写真を見ながら思い出そうとするのですが、なかなか思い出せない。




追記

いまさらながら村上春樹さんの「ねじまき鳥クロニクル」を読んでいます。

いうまでもなく面白い。

どうなることやら第3部。
[PR]
by hiro_bl | 2009-07-12 23:06 | Marsala

Mediterraneo #5

e0137180_16431174.jpg

foto: Jun 02 2007

旅の終わりの風景。

なんだかんだハプニングもあったけれど、
今思えばすべてが楽しい思い出。

旅の終わりはいつも感傷的です。




追記

この写真、確かフランスとイタリアの国境あたりで撮影したような。

帰りの列車はコンパートメントになっていて、
僕の目の前にはどこの国だかわからない言葉を話す
女の子が二人座っていた。
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-12 17:03

Mediterraneo #4

e0137180_2058917.jpg

foto: Jun 02 2004


Cielo e mar...


Non posso dimenticare questo bel cielo e mare.
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-06 21:51 | Cannes

Gens de Cannes #3

e0137180_1211796.jpg

foto: Jun 02 2007


Dove andiamo questa sera?
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-05 01:22 | Cannes

Gens de Cannes #2

e0137180_23265042.jpg

foto: Jun 02 2007

波を追いかけて、波から逃げる。
波打ち際の遊びはどこの国も同じようです。

この旅で一番好きな街はどこ?
と聞かれたら間違いなくカンヌと答えます。

カンヌの人たちが見せる穏やかな表情を
見ていると、こちらまで穏やかになっていましたから。

そんなカンヌの人々をカメラに納めてみました。





追記

涼しくなる頃に引っ越そうと思います。
近くに公園あって、昔からある商店街があって。
そんなのどかな街の方が自分には向いている。
都心は便利でよいのですが、心が休まりません。
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-03 00:08 | Cannes

Gens de Cannes #1

e0137180_23411820.jpg

foto: Jun 02 2007

ベンチでのんびり海を眺める人。

この写真を写した後、ベンチに座って
海を見ながらのんびりしてみました。

カンヌの海は瀬戸内海と違って対岸が見えません。
どこまでも続く海が目の前に横たわっているだけ。

果てしなく広がる青い海は、
疲れた心を知らぬ間に癒していました。




追記

海が見える街で育ったせいか、
時々海を見ないと調子が悪くなります。
[PR]
by hiro_bl | 2008-07-02 00:08 | Cannes