人気ブログランキング |

タグ:italia ( 117 ) タグの人気記事

Summer time

e0137180_2217215.jpg

foto: Jun 24 2007

2007年6月24日、午後8時。

サマータイムのイタリアはまだまだ明るい。
西日も強烈だけど、イタリアは日本より緯度が高いので
昼間の日差しも日本より強い。

日本ではファッションとして扱われるサングラスが、
ヨーロッパでは実用的なアイテムになっている。

サングラスをかけないまま一日外で過ごすと、
目が充血したり、疲れ目になっていた。




追記

やっぱり夏が涼しいところで過ごしたい。
湿気が多い夏を過ごすたびに寿命が縮んでるんじゃないかと思う。
by hiro_bl | 2008-07-23 22:30 | Bologna

Via Indipendenza

e0137180_2391139.jpg

foto: Jun 24 2007

インディペンデンツァ通りの夕景。

ボローニャ中央駅からマッジョーレ広場まで歩いて
15分足らずだったから、よく駅まで歩きました。

駅まで歩く理由はだいたい二つ。
駅に用があるか、駅前中華に食べに行くか。

たくさんのお店が立ち並んで人通りも多いけれど、
なぜだかここのポルティコを歩くのも好きでした。

もちろん、駅から帰るとき、駅前中華から
帰るときもマッジョーレ広場まで歩いたな。




追記

先日、ひさしぶりにある友人に会いました。
昔は妹分のような存在だったのですが、
最近では姉御的存在です。
いつの間に追い抜かれたのかな。





やっぱり暑いのはダメです。
by hiro_bl | 2008-07-22 23:35 | Bologna

Legame

e0137180_2353575.jpg

foto: Jun 24 2007

前にも書きましたが、このブログの写真は
昨年イタリアで撮影したものです。

未だ見ぬ写真仲間のYさんに勧められて、
イタリアで写した写真にコメントをつけてアップしています。

昨年の12月28日に帰国したので、
その頃にこのブログも終わらせる予定。

写真は基本的に撮影した順にアップしています。
コメントは写真を見て思ったこと、
思い出したことを適当に書いています。

留学生活=海外生活は日本で味わえない苦労もあり、
なかなか大変でしたが今はすべて楽しい思い出です。

今は大きな現実に立ち向かっているところなので、
イタリアの写真を見ると色々思い出して感傷的になりがちですが、
そうやって楽しい思い出にけじめをつけているのかもしれません。

このブログもあと半年足らずになりましたが、
いつもお越しの皆様どうぞ適当にご覧くださいませ。




追記

Il mare sconosciuto.

そのうちそんな写真が出てくるでしょう。
僕は海が好きなので。
by hiro_bl | 2008-07-22 00:25 | Bologna

Mobile

e0137180_22452148.jpg

foto: Jun 24 2007

ボローニャの街中でモバイルしている人をよく見かけた。
なんでも、街中では無線LANがタダで使えるらしいのだ。

暑かろうが寒かろうが、とにかく彼らは外が好きなのかもしれない。
カフェもご飯も外で飲んで食べるのが好きだし。

僕は彼らの人と人の距離感がとても好きだ。
人目をはばからずというか、人は人、私は私、
という考え方が当たり前なのだ。

広場の隅に座って、壁にもたれてモバイルしようが、
誰も気にしないし、本人もそんなこと気にもしていない。

何かと人目や世間体を気にしてしまいがちな日本は暮らしにくい。




追記

パソコンから音声という音声が出なくなりました。
no music no life だというのに・・・。
by hiro_bl | 2008-07-19 23:07 | Bologna

Barricata per la pace

e0137180_21154781.jpg

foto: Jun 24 2007

サン・ペトローニオ大聖堂の前でおしゃべりする若者たち。

以前、後ろに置いてあるバリケードはなかったそうです。
世界同時多発テロの後、大聖堂の中にある一枚の絵が、
アラーを冒涜しているように見える、
という理由でテロの標的になったそうです。

それ以来、この大聖堂の前にはバリケードが置かれ、
中に入るときは常に持ち物検査が義務付けられています。

バリケードがなかった頃は、後ろに見える白い階段で
ボローニャっ子たちはたいそうくつろいでいたそうです。

一体いつになったらバリケードが無くなるのだろうか。

世界同時多発テロは随分前の出来事に思えますが、
確実に世界を変えてしまった悲しい事件です。
by hiro_bl | 2008-07-18 21:38 | Bologna

Fermata dell'autobus

e0137180_21394918.jpg

foto: Jun 24 2007

バスを待つときって、なぜかバスが来る方を見てしまう。
これって世界のどこでも同じことなのかもしれません。

写真はリッツォーリ通りのバス停。
バス停の後ろにはステファネルと本屋さん。

こちらの本屋さんには村上春樹、吉本ばななの
イタリア語版の本が結構売られています。

ちなみに、あちらの文庫本のサイズは
日本のそれに比べるとかなり大きい。
新刊書の大きさぐらいかな。




追記

村上春樹の「ダンス ダンス ダンス」を買ったんだけど、
途中で挫折してお蔵入りになっている。
もちろんイタリア語版。




毎日暑すぎます。
by hiro_bl | 2008-07-17 21:50 | Bologna

Windows

e0137180_7512784.jpg

foto: Jun 22 2007

近くのスーパーへ買い物に行く途中この建物の横を通る。

この写真を写した一年前にできたばかりの、
ちょっとイタリアらしくない近未来的なビル。

大きな窓一面に写る夕焼け空はとても美しいから、
夕方買い物に行くときはいつも歩いて横を通った。

スーパーまでの道のりはなにもなかったから、
この窓に映る空を楽しみにしていたような気がする。





追記

最近、友人のブログが面白い。
ウキウキしているのが手に取るようにわかる(笑




ちょっと夏バテ気味・・・。
by hiro_bl | 2008-07-16 22:52 | Bologna

Lavori di casa

e0137180_2042374.jpg

foto: Jun 19 2007

ボローニャ滞在時は一人暮らしだったので
家事全般はこなしていましたが、
好きになれるものではありません。

それでも、隣人の友人たちに比べると
随分部屋をきれいに使っていたようです。

昨年のイタリアの写真を見返して見ると、
自分が住んでいた部屋の写真があまりない。

もっと全体がよくわかる写真でも写しておけばよかった。
意外と自分の部屋を写しておくことってないのかも。




追記

昨日はボローニャから帰ってきたばかりの友人とひさしぶりに再会。
6年ぶりにビリヤードに行ったんだけど、腕がかなり落ちていた。
勝負どころでミスをしては勝ちをプレゼントしていたな・・・。
by hiro_bl | 2008-07-15 22:30 | Bologna

Teatro #2

e0137180_21522879.jpg

foto: Jun 17 2007

この日はボローニャ歌劇場でオペラ鑑賞。
演目は待ちに待ったヴェルディの「ファルスタッフ」。
けれども、少し期待はずれだったかな。

それにしても天井桟敷から眺めるシャンデリアはすごい。
こんなに巨大なものがよく落ちずに吊るされているなと思う。

まぁ、落ちてきたら「オペラ座の怪人」になってしまうわけで。

外国のオペラ座は演目が面白い、面白くない関係なく、
オペラ座で過ごす時間そのものに価値があると思う。

残念ながら日本にはそういう劇場も、文化もないんだな。




追記

休憩中に天井桟敷から下の席を眺めるのが好きです。
楽しそうにお話をしている人、真剣なまなざしでプログラムを読む人、
気持ちよさそうに寝ている人、同じように下の席を眺めている人。
舞台の外でもドラマは進行しているのです。




Beato tutti italiani!
by hiro_bl | 2008-07-14 22:03 | Bologna

Via Castagnoli

e0137180_1611358.jpg

foto: Jun 17 2007

コート・ダジュールの旅から帰ってきて、
しばらくカメラを持ち歩かなかったようだ。

去年の手帳を見てみると、
毎日忙しく暮らしていた記録が書いてある。

写真はボローニャ歌劇場の横にあるカスタニョーリ通り。

この通りには、美味しいケバブ屋さん、旅行代理店、
アペリティーヴォを楽しんだBarなど、
何度も通ったお店が立ち並んでいる。

さらに、この通りの先の先に、ボローニャで一番
通っていたお気に入りのカフェがある。

それはまた別の話・・・。





追記

赤いテントはケバブ屋さん。
こちらの人々は暖かくなるとみんな外で食事をしたがる。
どんなに空気が悪そうな場所でも関係ない。
日本じゃ考えられない感覚です。
by hiro_bl | 2008-07-13 16:48 | Bologna